オルリファストの効果が無い痩せない場合の解決方法

オルリファストはアメリカや各国でも認められたダイエット薬です。

各国が認めているためその効果は折り紙付きといっていいでしょう。

それでも「オルリファストを飲んでいるのに痩せない」という人も中にはいるようです。

普通に使用すれば何もせずとも1か月で2kgくらいは減ります。

↓オルリファスト最安値↓

副作用で欠乏するビタミンを補うマルチビタミンサプリメントとセットがお得です。

オルリファスト+マルチビタミンセットで購入

そんなオルリファストで効果がない人の原因と解決方法を紹介します。

オルリファスト効果が無い原因食事の質、痩せない体質

オルリファストで痩せない人の原因はおおっくわけて5つのパターンに分類されます。

自分がどのパターンに該当するかチェックしてみてください。

  • 糖質に依存している食生活
  • 糖質制限をしてケトジェニック体質だと効果がない
  • 間食が多く1日中なにかしら口にしている
  • 脂肪を燃焼させるための筋肉がない
  • 脂肪燃焼のためのタンパク質不足

関連記事:オルリファストの飲み方ゼニカル同様減量しやすい方法を紹介

オルリファスト効果ない糖質に依存している食生活

糖質に依存した食生活の場合オルリファストの脂肪吸収阻害効果が得られず効果を感じないことがあります。

例えば、お餅や大福といった脂肪分が少ないけど糖質が異常に高い和菓子大好き。

ごはんを毎日たくさんお替りしている。

そんな人の場合はオルリファストの効果は得られません。

糖質を多く摂ると太ってしまう理由

糖質(炭水化物)を多く摂取すると太ってしまう原因は以下のようになっています。

  1. 炭水化物や糖質を摂取する
  2. 体内でブドウ糖に分解される
  3. 必要な分はエネルギーとなる
  4. 余剰に余ったブドウ糖は中性脂肪として蓄えられ血中に
  5. 血中にあふれた中性脂肪は内臓脂肪や皮下脂肪として蓄えられる

アメリカや海外の低所得者層が現在肥満問題になっているのも、大量の炭水化物を摂取しているのが原因なのです。

糖質依存した食生活の場合の痩せ方

糖質や炭水化物に依存した食生活の人の場合は、オルリファストの使用よりも糖質の吸収を阻害する薬やサプリメントの方がおすすめです。

今現代社会で太りやすい問題は糖質の方がウェイトが高くなっています。

カーボブロッカー

カーボブロッカー3in1は糖質の吸収を阻害する効果のある海外サプリメントがおすすめです。

3 in 1カーボブロッカー購入ページへ

オルリファスト効果ない糖質制限でケトジェニック体質

現在糖質制限を行っているケトジェニック体質の人はオルリファストはあまり効果は期待できません。

糖質制限を行うとエネルギーの大半はタンパク質と脂質となり、脂質は過剰に摂らないと逆にエネルギー不足に陥ってしまうリスクがあるのです。

脂質からエネルギーに変換する効率は遅く、消化吸収されずに便として排出されることも少なくありません。

関連記事:オルリファスト危険やばい副作用うんこ漏らして人生終了しないための安全解決策

糖質制限中の痩せる脂質の摂り方

油にも種類があり体に良い油、悪い油とあります。

大きくわけて飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸の二種類

飽和脂肪酸とは、マーガリン、ラード、サラダ油といった動物性や植物性の油

一方で不飽和脂肪酸とは、ごま油、大豆油、魚油、えごま油、亜麻仁油、オリーブオイルなど。

ダイエット目的であれば飽和脂肪酸をなるべく避け不飽和脂肪酸の摂取を意識するようにしましょう。

糖質制限中でも焼肉に行くようであればオルリファストの使用は行うべきでしょう。

オルリファスト効果ない間食が多く1日中なにかしら口にしている

常に何か口に入れていないとストレスを感じるような、慢性的な食事をしている人。

そんな人は常に体内に不要なエネルギーを補充しているため痩せにくい体質となってしまいます。

オルリファストの適正な使用方法は3食の食事に対して飲むという方法。

しかしながら常になにかしら食べ物を食べている場合、オルリファストの効果範囲外となってしまいます。

常に間食がやめられないのは依存症やホルモンバランスの問題

常になにかしら食べていないとイライラする、不安を感じる、すぐにお腹がすいてしまうという人はなにかしらの精神的な依存症があります。

過食性障害(むちゃ食い障害)とは?

  • お腹が苦しくなっても食べることを止められない
  • 常に食べ物を口にしていないと気持ちが落ち着かない
  • 今までの自分に比べて明らかに食べ過ぎることが増えた
  • なにかしら食べ物のことばかり考えてしまう
  • 異常に食べ過ぎているのではと自覚はしているが止められず悩んでいる

なぜこのような状況になってしまうかは、失恋や会社での人間関係、家族問題など様々で誰しもなってしまう可能性がある問題。

その一つの問題にホルモンバランスが乱れ食に依存している可能性があるという点です。

心療内科の受診や幸せホルモンであるセロトニンを増やす食事を心がける

自分では自制できないほどの強い食欲がありどうしようもない状況の場合は、心療内科でカウンセリングや投薬による治療をおすすめします。

そんな問題恥ずかしいと思わないことです。

今現代は心の病を抱えている人はたくさんおり、自己責任で他人に頼れないのが現状。

20年前は恥ずかしいですが今では心のケアは当たり前です。

また、心のバランスはホルモンバランスに左右されているといっても過言ではありません。

食生活に乱れによってホルモンバランスが乱れるなんてことも少なくないのです。

特に心の安定、精神的な幸せホルモンであるセロトニン不足はダイエットにおいても問題。

セロトニンは腸内で作られ、タンパク質摂取、乳酸菌、朝日、ウォーキングといった方法で増やすことができます。

セロトニンが増え、ホルモンバランスが安定すると過剰な食に対する渇望も減り必要な量を必要なだけ食べる体質に戻ります。

オルリファスト効果ない脂肪を燃焼させるための筋肉がないタンパク質不足

オルリファストを使用して、油いっぱいの便を排出しても「痩せるほど効果がない」と感じる人が少なからずいます。

その原因の一つは食べすぎ、もう一つは脂肪燃焼させるための筋肉やアミノ酸が不足しているという点があげられます。

脂肪燃焼のメカニズム

活動エネルギーが必要な状態(日常生活や有酸素運動など)となる

脳がエネルギーが足りないぞと脂肪を分解してエネルギーを生成するよう命令を出す

ノルアドレナリンやアドレナリンなどの「脂肪動員ホルモン(アデポキネチックホルモン)」が分泌される

脂肪を分解する酵素「リパーゼ」が活性化する

脂肪が分解され、グリセロールと遊離脂肪酸となり血液中に放出される

全身の筋肉で脂肪酸がエネルギーとして燃焼される

赤色のマーカーのラインが重要で、これらの痩せホルモンの分泌や筋肉で脂肪酸をエネルギーとして燃焼させるのにもタンパク質(アミノ酸)が必要となってきます。

オルリファストを使用するならタンパク質を意識した食事を行う

オルリファストによって不要な脂肪は便として排出されますが、摂取しておきたい栄養素はタンパク質です。

  • 肉類
  • 魚介類
  • 乳製品
  • 大豆製品

ダイエットにサラダチキンが良いというのも、低脂肪かつ豊富なタンパク質、低カロリーという点があげられるから。

どうしても今の食事を変えることが難しい場合は、プロテインの摂取をおすすめします。

脂肪分や糖質が少なく純粋なタンパク質を簡単に安価で補うことができます。

お菓子好きで食事嫌いな人もプロテインを飲みだしてから痩せるようになったという話もあるのです。

オルリファスト効果ないまとめ

オルリファスト自体は各国で認められたダイエット薬。

それで痩せない場合は自信の食生活に問題があります。

1か月1kgも痩せない場合は今回の点を見直し改善してみてください。

きっとすぐに効果を感じるようになり、みるみる体重も減っていくでしょう。

↓オルリファスト最安値↓

副作用で欠乏するビタミンを補うマルチビタミンサプリメントとセットがお得です。

オルリファスト+マルチビタミンセットで購入

そんなオルリファストで効果がない人の原因と解決方法を紹介します。

未分類
adminをフォローする
オルリファスト口コミ利用は危険?痩せない人の効果的な飲み方
タイトルとURLをコピーしました